確実に稼げるサイトアフィリの基礎!

ブログを書く習慣をつける必要があると言われたのは、あるセミナーでのことだ。情報を発信をする力をつけて欲しいと講師は力説していた。この講師が実力のない詐欺師的なアフィリエイターであるとに気がつく能力がなかったのだ。ブログを書くのは何のためだろうか。情報発信をする力とは何だろうか。冷静に考えてみたらわかる。行動するにはなぜやる必要があるのかと考えてしまう。

サイトアフィリエイトの基本は何だろうか。まず、売る商品を決めることから始まる。商品を決めたら商品についての知識を溜め込む必要がある。例えば、青汁を紹介してダイエットサイト作ろうとする。売りたい商品をASPから選ぶ。商品のLPからキーワードを拾い出す。商品名とダイエットみたいな複合キーワードでGoogleを検索してヒットしたサイトを順番にみてみる。

ここで大事なのはどのような順番で書かれているかなのだ。タイトル、見出しをノートに書き出して、記事がどんな内容の順番で書かれているかを確認する必要がある。ノートに書き出すのは20サイトぐらいやってみる。するとサイトの文章に流れが見えてくるようになる。これは200回ぐらい繰り返すことが大事だ。しかも、ジャンルは1ジャンルで徹底的に書き込んでみる。ダイエットとジャンルと決めた。次に一般的に知られている商品がいい。ここで言う一般的とは女性誌の広告の常連さんと考えたほうがいい。男性でもコンビニで女性誌は購入したほうがいい。コスメ特集やサプリ特集は隅から隅まで読み込んで知識を頭に入れたほうがいい。

この作業をノートにメモしていくのだ。

キーワードは商品名ともう一つにする。多くてもキーワードは3つまでにする。
キーワードが多過ぎてもダメだ。

はじめに作る初期サイトはワンカラムのものがいい。HTMLサイトで作るのだ。これが基本だ。文字数は2000字以上は必修である。4つの記事で1つのトップページにする。その後は、1カラムのページを足していくのだ。最初の4記事で2,000字のサイトを初期サイトと呼ぶ。この初期サイトを慣れてくると90分から120分で作成することができる。作業は慣れなんだよ。慣れてくるとどんどん早くなってくる。

次にやるのは完成した初期サイトに被リンクをはることだ。被リンクを貼るのは、ドメインオーソリティー(DA)で35以上のものを選ぶといい。オールドドメインを取得してみて3記事を7日間で投稿する。Googleにインデックスされているのを確認したら、初期サイトに被リンクを送るのだ。この時注意して欲しいのは、被リンクを送るサーバーのIPはバラバラにする必要があるとである。

ドメインもバラバラがいい。これができたら、あとはGoogleの順位を毎日チェックしながら、上位に動き出したサイトからページを足して、ユニークワードを増やす作業をすれば、報酬は確実に発生する。

1日三千円をコンスタントに稼ぐサイトを持っていたら、月に9万円にはなる。そんな、サイトを10個持って入れば90万円だ。20個ならば180万円になる。

大事なのは1つのサイトにこだわるのではなく、1つのジャンルにこだわることだ。ダイエットならばダイエットに特化した商品を選んでどんどん書いていく。そのうち、反応のいいサイトからまた別の切り口で書くことになる。

今日も元気にサイト作成をしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です