現代広告の心理術101と影響力の武器 社畜からの脱出 

ぜひ読んで学んでほしい本のリストを書き出すことにした。はっきり言って読むだけでも大変で頭に入れて使って自分の知識にして、さらに使いこなせる技術にするまで何回も読んでほしい。

アフィリエイターに必要な技術は
伝える技術であるコピーライティングと
心理学であると教えられた。
「心理学」と聞いてアレルギー症状を出すことなかれ。
難しくない。
人間が財布の紐を解くのには
実はセオリーがあるのことを学ぶのだ。
実に100年前と消費者心理学は変わってない。
ここで紹介する本はプロアフィリエイターは
必ず読んでいる本である。

「現代広告の心理技術101」にかかれているのはこんな内容だ。

反応を取る広告を作るための本

広告の目的は人に行動させること

この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

現代広告の心理技術101はアフィリエイターの必読書である。
アフィリエイターでこの本を読んでいない人はまずいない。

大変残念ながらAmazonでは古本しか変えない。
購入希望者はこちらのサイトから新品を購入してほしい。

現代広告の心理技術101に度々登場して引用されているのが
この本です。「影響力の武器」です。読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です