自由な時間がほしい人へ

サラリーマンとOL生活に飽きてきた。自営業の友人は商店街の付き合いと称して週2回のゴルフと子どもたちとの楽しい生活を過ごしています。早朝に出勤して帰宅は23時でした。土曜日、日曜日も仕事が入ります。社畜状況から脱出するためにどうしたらいいか考えていたときに出会ったのがアフィリエイトでした。

週休2日どころか月休2日の生活が続く
ブラック企業に勤務していました。
朝は8時30分に出勤して帰宅は23時の
生活が続きます。土日も仕事が入り息子
たちには「次はいつ遊びに連れて行って
くれるのか」と毎日聞かれます。

気がつけばその約束も果たせないまま
土曜日に出勤して翌日は全く起きられない
生活が続きます。

妻には完璧に呆れられている状況です。
そんな生活をしていたら体が悲鳴を
上げました。

過労で倒れて気がつけば病院のベット
の中でした。48時間寝ていたようです。
意識が戻って看護師さんに自分の名前と
住所が言えるかと聞かれ返答しました。

妻と子どもたちがやってきてみんな
泣いていました。どうやらこのまま
死んでしまうと思ったみたいです。

意識が戻ってから会社の上司が
見舞いにやってきました。
同僚からの見舞金を受け取りましたが
衝撃の人事を告げられるのです。

これまで順調に会社の階段を登って
来ました。営業としては成績もトップ
10に入っていました。退院したら
内勤に入れと言うのです。

退院後のデスクワークで給与は激減。
営業手当がなくなり月額30万円超の
減収です。ただし、8時30分に出勤して
18時には帰宅の途につくことができました。

会社に入って初めて土日が休みになりました。
帰宅して、家で食事をすることがなかった
生活から毎日食事をするようになったら
妻は毎日食事を作ることが苦痛のようです。

子どもたちとの会話も増えてきましが
夫婦関係はなんか悪化してきました。

理由は簡単です。

給与の減少でかなり家計に負担が
かかってきたのです。
妻は午前中だけパートに出るようになりました。

月額30万円を取り返すためには
元の社畜に戻り土日を潰して働く
生活に戻るしかありません。

しかし、一度内勤になってしまうと
戻るのが難しいのです。

どうしたら月額30万円を取り戻せるか。
会社から取り戻すのは不可能となると
会社の転職を考えました。

ライバル会社からのお誘いも来ました。
しかし、今まで戦ってきた敵の会社に
転職することは考えられません。

そんなときに出会ったのがアフィリでした。
アフィリエイトはなんだろう?
本屋さんで立ち読みすること2時間。
買って帰りました。

それから帰宅後が本業になったのです。
妻にも話しました。
「営業のあなたがそんなことできないでしょ」
とバカにされました。稼げる用になるまで
何年かかるの?そう言われて呆れられること
3年。ようやく稼げるようになりました。

月額50万円を超えて妻に30万円の補填を
することができたのです。それから、夫婦で
取り組み退職をしました。

選択定年で割増退職金をもらい住宅ローンは
消えました。夫婦でアフィリ報酬は営業時代
の年収を超える金額を稼ぐことに成功。

これで人生を立て直すことができました。
社畜からの脱出記録を書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です