様々な御法度を覚えるのが大変だった!

業界には業界のルールがある。ネット業界にも御法度があるのだ。これを覚えるのが大変だった。よくある話だがネットで人気のサイトはコピーされる。文章、写真、レイアウトを含めてとことんコピーする人がいる。これは完璧に法律違反になる。

ネットでコピーすることは著作権法違反になる。
当たり前のことだけど真剣に守って欲しいのだ。
だから著作権法を学ぶことが必要になる。
後で知ったことだけどNGワードも存在する。
放送禁止用語、放送禁止動作があるように
ネット上には御法度ワードが存在する。

アンチエイジング これは完璧にアウト
詳しくは消費者庁ホームページ
読んでもらいたいのだけども
大学生の師匠にことごとく原稿を
直される始末だった。

年齢は確かにしただけど教えてくれる
人は師匠だ。だから、今でも師匠と
呼んでいる。師匠から直してください
と言われたら100%素直に直す。

これが基本だと思ったのだ。
大変だよ。
丸1日かけて作ったサイトにダメ出し
されて泣くに泣けず直す。

この繰り返しだ。
でも、めげなかったのだ。
これも未来の自分のため。
そう思って直した。

御法度ワードは基本的にたくさんありすぎて
ここには全部書けないけど勉強した方がいい
と思う。

一番怒られたことは上位ランキングされている
サイトの構成を丸写ししたことだった。

文章は全部書き直した。
写真は著作権法放棄のものを使った。
見出しも変えた。

しかし、師匠は「ダメ」と言った。

なんで?

「オリジナリティがないサイトは
文章を変えてもGoogleは評価しない」

そうなの?

またしてもやり直しだった。

困ったもんだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です